爽やかなナイトワーク体験記

高収入の為に

女性画像祖母が認知症を患って、介護の為に両親ともに仕事を辞めてしまいました。私が家計を支えないといけなくなり、大学を辞めてOLとして働きましたが高卒という理由で安い賃金しか支払ってもらえず悩みを友人に話したら、知り合いのキャバクラのママを紹介されました。たまたま求人バイトを募集されていて、私の家庭の事情を話したら力になると言って下さりお世話になりました。水商売とは無縁の生活で、どう接客をしていいのか分からず戸惑いもありましたが化粧の仕方を教わりから店内で着用するドレスまで用意してくださって1からお店での振舞い方も習いました。ママだけでなく先輩方も優しくて、ヘルプとして呼んでくださって少しでもお給料が上がるようにと手助けをしてくれました。当初はバイトとして収入目的で働いていましたが、親切にしてくれたママや先輩方の力になりたくて今は常勤でキャバクラに勤めています。お給料も月40万円頂けるようになって家族を養えています。

夫の借金

夫がギャンブルで500万円の借金を作ってしまい、返済をするために高収入が得られる仕事を探していました。求人バイト誌に40歳まで働けるキャバクラを見つけて藁にもすがる思いで応募をしました。実家がバーを経営していてお酒が飲めてカクテルを作る特技を持っていたおかげでホステスとしてすぐに採用されました。週5日出勤で時給2900円の採用条件でしたが、最初の1ヶ月間は研修のために時給は1500円で働いていました。40歳という年齢の為に、他の若いホステスのように指名ももらえずヘルプでボックス席についているだけで惨めな思いをしましたがお金の為だと我慢をする日々でした。ある時、カクテルが作れるという話をお客さんにしたら目の前で実演してくれと頼まれて行なったら大盛況で、これを機に指名を頂けるようになりました。今ではお店が毎週1回はカクテル実演ショーの時間をもうけてくれて大勢のお客さんが私を見に来てくれています。月収は40万円になり借金も着実に返せていて生き甲斐も見つかりました。

応募してみて。

キャバクラの求人ページを見ているとあまりの高時給の多さに驚いてしまいますが幸い友達と一緒に体験入店できることになったのでそれほど緊張することはありませんでした。面接時にもあまりお酒が飲めなくても心配することはないよと説明してくれたので楽しくお仕事することができています。最初は2時間だけのアルバイトでしたが慣れてくると同時に徐々に入る時間も長くしていき今では週5回レギュラー勤務しています。もちろん頑張って働いたぶんだけお手当も多くいただけますし指名の多い月にはさらにアルバイト代に反映されるのでとてもやりがいがあります。昼間は大学に通っているためしっかりとキャバクラで稼いだぶんを友達との遊びに使うなどしてリフレッシュしています。キャバクラの世界は怖いものだと思っていたのですがいざアルバイトしてみるととても華やかで楽しい空間が拡がっていて私にとってとてもやりがいや楽しみがいのあるお仕事だと思っています。